GoogleAdSense-パソコン用記事上広告

NHK

NHKってどんな組織?お給料はいくらもらえてるの!?

更新日:

最近何かと話題になっている特殊法人の「NHK(日本放送協会)」

名前は聞いたことあるけど...

NHKの番組は見たことあるけど...

NHKがどんな組織なのか分からない...

そんな方は多いのではないでしょうか。

この「NHK情報局」ではそんなNHKについて徹底的に解説して参ります。

まず記念すべき第一回ではNHKという組織について理解していきましょう。



NHKの基本情報

正式名称:日本放送協会
略称  :NHK
英語名 :Japan Broadcasting Corporation

電話番号:03-3465-1111

設立日 :1950年6月1日

所在地 :〒150-8001
東京都渋谷区神南2-2-1

職員数 :1万273人(平成28年度)

NHKってどんな組織なの?

NHKは全国にあまねく放送を普及させ、豊かで良い番組による放送を行うことなどを目的として、放送法の規定により設立された特殊法人です。

国の法律により作られた組織ですが、国営放送ではありません。

そのため税金での運営ではなく、受信料を国民から徴収し公共放送として運営しています。

NHK職員の給料はどのくらい??

10,273人もの職員をかかえるNHK職員の給料はどのくらいなのでしょうか。

2017年度のNHK職員の平均年収を調べてみました。

その結果がこちら...

~NHK職員の平均年収~
NHK職員全体の平均年収 1,126万円
30歳職員平均年収 532万円
35歳職員平均年収 669万円

ちなみに、日本の平均年収は422万円(平成28年度)

また、平成24年度の海上保安庁の全予算が1,732億円、海上保安庁全職員1万2,636人の人件費も装備もすべて含めて1,700億円で運営されています。

それに比べ、NHKの全予算が6,000円億円ほど、そのうち海上保安庁と同じくらいの職員数の人件費が1,819億円ほど...

命をかけて日本の海上を守ってくれる海上保安庁の全運営費よりNHK職員の人件費の方が高いことになります...

そう考えると、NHK職員の給料が高すぎると思いますよね...

GoogleAdSense-パソコン用記事下広告

-NHK

Copyright© NHK情報局 , 2019 All Rights Reserved.